コーチについて
Contents

アバクロの歩み

アバクロの説明は、コーチ(COACH)と対比して比べて欲しいと考えているので、同じような流れでいきます。

歴史概略

アバクロの歴史は、コーチ(COACH)の創業から、さらに半世紀ほど前に遡ります。
1892年にアメリカのニューヨークで創業されました。当時では、キャンプや狩猟、釣りなどのような、いわゆるアウトドア関連の用品を売り出していました。1900年には、エズラ・フィッチが経営に参加して、その後の1904年に今のブランド名、アバクロンビー&フィッチ(Abercrombie & Fitch)となりました。名前の由来は、創業者のデイビット・T・アバクロンビーと上記の、エズラ・フィッチの両方の姓を取り、アバンクロンビー&フィッチとなったのです。
もともと男性用の無骨なイメージがある商品が主でした。「老人と海」で有名なアーネスト・ヘミングウェイやハリウッド映画スターのキャサリン・ヘップバーン、ノーベル賞文学賞を受賞したジョン・スタインベック、さらに第35代アメリカ大統領のジョン・F・ケネディが顧客につくまでになるそうですが、女性客が少ないためか、1960年代の後半から1970年代頃に経営問題を抱えるようになりました。

転機

転機となったのが、1988年にリミテッド社(現リミテッド・ブランズ社)が、アバクロを買収したことからでしょう。その後の1992年にマイケル・ジェフリーズが最高経営責任者に就任しました。そのときに「カジュアルラグジュアリー」を掲げて、ライフスタイル型のブランドとして、大きく方針を転換しました。今まで男性用のアウトドア用品
この戦略が成功し、ブランドは急激に成長、アメリカを中心に店舗を拡大、ニューヨーク証券取引所に上場するようになりました。ブランドは、顧客がいなくなれば、最終的には、安売りのワゴンに並べられるようになります。どんなときにも、時代の風潮と顧客の求める独自の新しい発想が必要となります。この辺は、経営者次第です。アバクロの場合は、よかったと言えるのではないでしょうか。

現在はアメリカの他、カナダ、イギリスなどに進出している。日本には、2009年の後半に来る予定となっているそうです。管理人の考えとして、不況の出口見えるまで動かないと思います。

セカンドライン